慰謝料の金額

交通事故を起こしてしまった場合で最も悲惨な結果になるのが、死亡事案です。例えばこれまでの事例の中では、自賠責保険の支払実績に関して死亡事故の場合は、全体の平均値でみると,511,000円です。この金額の内容は慰謝料だけではなく逸失利益を含んだ金額です。

また、死亡しないで傷害が残ってしまったケースには、平均が598,000円です。これもまた慰謝料以外の治療費などが含まれた金額です。あくまで自賠責保険の平均値としての算出結果ですが、実際は個々の事案によりまったく異なるものになります。弁護士基準を使った場合は、逸失利益が含まれない慰謝料でもこれより多くの賠償金を受け取る可能性が高くなります。

たとえば弁護士基準で死亡慰謝料を計算した場合3,000万円程度で、自賠責基準より大きく金額が高くなります。また車で人をはねた場合、怪我の程度が深刻なものになります。事故の種類別に慰謝料相場を考えたとき、一番高額になります。

過去の裁判例を見てみると、高額な慰謝料が認められていますので、車と自転車の人身事故の場合は、その事故の大きさによって発生する人的損傷が異なります。交通事故では、車対人の場合をみてみると、比較的似ているのではないかと考えられます。

慰謝料の種類

交通事故に遭ってしまったら、相手に対して慰謝料請求をすることが多いです。 人身事故の場合は、精神的な損害がありそれを含めた慰謝料が発生します。

交通事故の慰謝料には3つの種類があり、具体的には入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料です。まず傷害慰謝料は、 交通事故で傷害を負ってしまうことがあります。それに対して病院などに入院したり通院することになり、それに対して支払われる慰謝料です。後遺障害慰謝料は、 交通事故によって傷害が完治することなく、後遺障害として残ってしまう場合です。その後遺障害の内容や障害の程度に応じて支払われる慰謝料のことです。

また、死亡慰謝料は、 交通事故で被害者が死亡してしまった場合に支払われる慰謝料です。交通事故を起こしてしまうと、そのケースの度合いに応じて慰謝料を請求する形になります。それぞれの慰謝料については計算方法がありますが個々に違いがあります。

交通事故の示談金と慰謝料の相場はどのくらいなのか。 交通事故の慰謝料額は、ケースによって違いがあります。大きな交通事故ですと、当然慰謝料額も高くなります。また軽度な交通事故なら慰謝料は非常に低くなります。交通事故の場合には、事故の度合いに対しての慰謝料になるので、相場と言う言葉にはあまり注目することはありません。

弁護士によって増額する

交通事故の慰謝料請求をする場合は、請求額を最も大きくすることができる弁護士基準を使う必要があります。基準にも種類があり自賠責基準、任意保険基準、弁護士・裁判基準です。

3つある中でどの基準を使うかによって、同じ交通事故の場合でも慰謝料の金額が弁護士に相談することで違ってきます。交通事故の慰謝料計算方法は、自賠責基準があります。自賠責保険で慰謝料を計算する時に使う基準です。 自動車を購入したら自賠責保険は運転する人なら必ず加入しなければならない強制加入の保険ですので、交通事故を起こしてしまった場合、被害者に対しての最低限の保障をする目的を持っています。自賠責保険で使われる自賠責基準の金額は低くなります。

また任意保険基準は、任意保険会社が示談交渉をする使う基準です。被害者が弁護士をつけないで自分で任意保険会社と示談交渉するときには任意保険基準で慰謝料が計算されます。 任意保険基準は、基準の中間になります。

交通事故の慰謝料計算方法で一番高額になるのが、弁護士・裁判基準です。この基準は、弁護士が交通事故の示談交渉をしますし、その先の裁判になってしまった場合に裁判所が採用する基準です。弁護士に相談して、弁護士が動くことで慰謝料の増額が見込めます。

関連サイト→交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|アディーレ

交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料は、被害者の精神的苦痛や肉体的な苦痛を金銭に換算したものです。精神的な苦痛を金額で表すのはなかなか難しい問題ですが、その数値化の基準としてあるのが自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準です。

一般的に考える慰謝料は、治療費用+入院雑費+休業損害+入通院慰謝料+後遺障害慰謝料です。総額の損害賠償額を慰謝料と呼びます。総額での算出金額は約2,000万円を超えるケースが多くあり、慰謝料が2,000万円として混同されたりもしますが、正確にはまったく別であることを覚えておく必要があります。交通事故に遭うと、必ずと言っていいほど悲惨な状況が待っています。怪我をすれば入院や通院の必要があります。また最悪の場合は、死亡する事もあります。たとえ無事で済んだとしても、体は無事でも他の壊れた車の修理代、保険会社との示談の手間もあります。

さらに加害者が相場よりも低い示談金を提示してくる場合もありますし、保険会社から損害賠償金の支払いがない場合もあります。交通事故に逢った被害者でしたら経験する可能性のある問題ですので、交通事故で損をしないために交通事故にあった被害者が知っておくべきことは、知識として多少持っていた方が得です。

交通事故の慰謝料に関しては、弁護士が交渉する事で慰謝料の増額が可能です。簡潔に言えば、慰謝料の増額には弁護士への依頼が必要不可欠ということです。弁護士を入れずに示談交渉をする場合には、増額はそれほど見込めないか逆に相手の保険会社が決めた低い示談金で手を打つ羽目になってしまいます。