慰謝料の種類

交通事故に遭ってしまったら、相手に対して慰謝料請求をすることが多いです。 人身事故の場合は、精神的な損害がありそれを含めた慰謝料が発生します。

交通事故の慰謝料には3つの種類があり、具体的には入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料です。まず傷害慰謝料は、 交通事故で傷害を負ってしまうことがあります。それに対して病院などに入院したり通院することになり、それに対して支払われる慰謝料です。後遺障害慰謝料は、 交通事故によって傷害が完治することなく、後遺障害として残ってしまう場合です。その後遺障害の内容や障害の程度に応じて支払われる慰謝料のことです。

また、死亡慰謝料は、 交通事故で被害者が死亡してしまった場合に支払われる慰謝料です。交通事故を起こしてしまうと、そのケースの度合いに応じて慰謝料を請求する形になります。それぞれの慰謝料については計算方法がありますが個々に違いがあります。

交通事故の示談金と慰謝料の相場はどのくらいなのか。 交通事故の慰謝料額は、ケースによって違いがあります。大きな交通事故ですと、当然慰謝料額も高くなります。また軽度な交通事故なら慰謝料は非常に低くなります。交通事故の場合には、事故の度合いに対しての慰謝料になるので、相場と言う言葉にはあまり注目することはありません。