慰謝料の金額

交通事故を起こしてしまった場合で最も悲惨な結果になるのが、死亡事案です。例えばこれまでの事例の中では、自賠責保険の支払実績に関して死亡事故の場合は、全体の平均値でみると,511,000円です。この金額の内容は慰謝料だけではなく逸失利益を含んだ金額です。

また、死亡しないで傷害が残ってしまったケースには、平均が598,000円です。これもまた慰謝料以外の治療費などが含まれた金額です。あくまで自賠責保険の平均値としての算出結果ですが、実際は個々の事案によりまったく異なるものになります。弁護士基準を使った場合は、逸失利益が含まれない慰謝料でもこれより多くの賠償金を受け取る可能性が高くなります。

たとえば弁護士基準で死亡慰謝料を計算した場合3,000万円程度で、自賠責基準より大きく金額が高くなります。また車で人をはねた場合、怪我の程度が深刻なものになります。事故の種類別に慰謝料相場を考えたとき、一番高額になります。

過去の裁判例を見てみると、高額な慰謝料が認められていますので、車と自転車の人身事故の場合は、その事故の大きさによって発生する人的損傷が異なります。交通事故では、車対人の場合をみてみると、比較的似ているのではないかと考えられます。